六本木女性殺人、現場マンション住人の40代男に逮捕状

東京都港区六本木のマンションの一室で昨年10月、横浜市青葉区のバレツタ久美さん(29)の遺体が見つかった事件で、バレツタさんを殺害した疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策2課が殺人容疑で、この部屋に住んでいた40代の男の逮捕状を取ったことが13日、捜査関係者への取材で分かった。男は事件後、マレーシアに出国しており、同課は国際手配の手続きを進める。

 同課によると、バレツタさんは男と交際していたとみられ、遺体発見の数日前に、男と一緒にマンションに入る姿が付近の防犯カメラに写っていた。バレツタさんは頭を殴られるなどして殺害されたとみられる。

 事件は昨年10月18日午後2時半ごろ、部屋の関係者から連絡を受けた男性が「遺体があるようだ」と麻布署に届け出て発覚。室内から全身をシーツにくるまれたバレツタさんの遺体が見つかり、死後数日~10日程度経過していた。