年金はどう分ける?

年金分割制度を正しく理解して

年金分割制度が施行されたことで、離婚しても夫の年金の半分がもらえる、と思われているようですが、それほど単純なものではありません。
分割の対象になるのは、夫が加入している厚生年金または共済年金(標準報酬)にあたる部分のみです。
しかも、分割対象期間は婚姻中に限られていて、さらにその期間は2段階に分かれて分割割合が異なるというものです。

年金分割制度の間違った認識は、将来手にする年金の受給額に影響するので、きちんと理解することが大切です。
それには、年金そのものの基本知識も把握しておくこと。
また、離婚後に申請をしないと、分割分をもらうことができないので注意しましょう。

合意分割と3号分割

年金分割の割合は、2008年4月1日を境に変わり、それ以前は合意分割、それ以降は3号分割が適用されます。

合意分割とは、夫婦の話し合いで最大2分の1までを限度に、自由に割合を決められるというものです。
話し合いで合意できない場合は家庭裁判所に場所を移し、調停を申し立てて決めることになります。

3号分割は、第3号被保険者のみを対象に、話し合うことなく自動的に、夫の厚生年金または共済年金の2分の1を受け取ることができるというものです。

共働きの場合

夫の標準報酬が妻よりも多いときは、夫の年金を分割することができます。
この場合は、合意分割のみの適用になります。