ストーカーに精神的異常が疑われる場合

前から、「つきあってくれなければ死んでやる」といった内容のメールを何度も送ってきていた男性がいたのですが、ずっと無視していたところ、先日、刃物を持って私の家まで押しかけて訳の分からないことを叫び続けたため、警察が出動する騒ぎとなりました。
言動がおかしく、明らかに精神異常だと思うのですが、このような場合どんな方法があるのでしょうか。

行為者の所在地を管轄する保健所で、都道府県知事に対して指定医の診察および必要な保護をするよう申請することができます。

申請には、

  1. 申請者の住所、氏名および生年月日
  2. 本人(行為者)の現在場所、居住地、氏名、性別および生年月日
  3. 症状の概要
  4. 現に本人の保護にあたっている者があるときはその者の住所および氏名

を記載する必要があります。
また、対応した警察官に対し、保護所長への通報を依頼しておくことも必要になるでしょう。

もちろん、ストーカー規制法により、警察への援助申請、警告・禁止命令の申請をしたり、告訴して処罰を求めたりすることもできます。

1.ストーカー規制法による対応

一度警察が出動したにもかかわらず、手紙やメールの送付やあなたの住所付近での徘徊が繰り返されるようであれば、もはや明らかなストーカー行為です。

警察への援助申請、警告・禁止命令の申出をすることはできますし、告訴して処罰を求めることもできます。

ただし、今回のケースでは、既に警察が介入しているわけですから、それでもなおつきまとい等が繰り返されるのであれば、今後警告や禁止命令が発令されても、行為者にとってのインパクトは小さいかもしれません。